2006年04月19日

愛しの君へ

前、絵本の記事を買った時に一緒に購入したのですが


長い長いさんぽ  須藤 真澄 (著).jpg

著者、須藤真澄さんの愛猫との生活を描いた漫画です。実話です。
店頭でみかけたときカバーがしてあったので、確認することはできなかったのですが、命について考えさせられる。とうたっていたので、ものすごく惹かれて一緒に購入しました。

アマゾンの評価を見ると賛否両論あるようですが、私はいい話だと思います。作者の心痛に涙なくては見れませんでした。妹もボロ泣きしたようです。

作者の想い・・きっと天国に届いていると思います。あんなに大事に想っているんだから!
悲しいですが、お勧めの本です。



posted by komoko at 17:51 | 東京 🌁 | Comment(13) | TrackBack(0) | ホロリ・凹

2006年04月16日

しあわせの時計

2年前の夏、姉妹揃って会議をしました(笑)大体こういう決め事があるとねーちゃんや妹から相談メールがきます。
自宅にいる私はなんとなく基地になってしまい、あっちに連絡こっちに連絡する係りになってしまいます。その時はなんの連絡だったかというとおばあちゃんの米寿祝です。
60歳はちゃんちゃんこ?を贈るのが一応儀式的にはお決まりですが、88歳ってどうしたらいいものか・・。ちょっと思い出せないんですが、何か決まったものがあるようですよね。
当時、前の会社にいた時シンプソンに「88歳の人って何をあげたらいいのかなぁ?」と相談受けた事がありましたが、今度は私が訊ねる立場になってしまいました。
頭に浮かんでは消え、浮かんでは消えさっぱり思いつかなかったのでネットで調べることにしました。そこで見つけたのが「幸せの時計」です。広島に所在していて、時計を製作しているんですが写真を入れ、フレームを選び額縁にいれて時計にしてもらえるんです。
思い出に残るしこれはいい!!と思い、早速姉妹に相談したらOKの返事がきたので、早速連絡をとってみることにしました。

実は決まったのがおばあちゃんの誕生日ぎりぎりでもしかしたら期日までに間に合わないかもしれないと思い、とりあえず製作者に相談のメールを流してみたら、すぐに返事が返ってきました。
時期的にも混みあっていたみたいですが、なんとか提案してもらえるということだったので、お母さんにも協力してもらい早速何枚か写真を選定して、早々にその写真を送りました。

こちらの社長の島谷さんが暖かく親切な方で随時連絡をいただいていざ版下が出来上がったので早速メールが届いていました。
もう最高に素敵でした!その後、感想を聞かれたんですが文句のつけどころがありません!
ところで、この写真PCからしか見れなかったので、姉や妹には携帯しかもっていないので確認することが出来なかったので、photoshopを使ってる友達に事情を話してメールで送ってみました。

その時の友達からの感想も嬉しかったんです。
そのときにもらった言葉を一部紹介します。

----------------------------------
話かわるけど、友達が言ってたんだけど、本当は祖父母と孫との関係のほうが真の親子関係だっていう説があるんだって。
マゴって発音するでしょ?これは真子って書いてたんだって。
親って、親をしてる段階では実はちゃんと親として完全に子供に向かうことができていないっていうか、自分の感情が入ってしまうのだって。親ではなく同じ視線で見て、嫉妬したり比較したり、自慢の対象物になってしまったり。
ところが、孫になると、自分の気持ちを交えずに完全に100%孫のことだけを思いやって接することができるから、本来の親子の関係になるんだって。
で、そういう100%の思いやりから出るアドバイスや言葉っていうのは孫のほうでも100%素直に受け止めることができるからって。

---------------------------------

笑顔が素敵な店長さんにはこの逸話や、デザイン・校正でこんな感想いただいたんです。って事を踏まえて返事をかえしました。

その時にもうひとつ、島谷さんより依頼がきていました。
デザインした時計をHPにのせていいか?という相談でした。もちろん快く承諾しました。その後、振込先の連絡をいただいて入金し、荷物の配達状況も教えていただいてなんとか期日までに間に合わせるように手配をしてもらいました。
本当に感謝しています。^^

さて、実はまだ私にはやることが残っていました。
父方の親戚一同が集まった会でおばあちゃんにその時計を渡しておばあちゃんはその時計を眺めながら、とても喜んでいました。親戚たちもその時計を感心しながら覗き込んでいました。

最後にその写真をおばあちゃんに抱えてもらって、女の人が集まって記念撮影をしました。(今思えば未開封なのがちょっと気になりますが。。)その後その写真をUPし、感想を添えて島谷さんに連絡し、HPに載せてもらいました。希望があったので教えると紹介NO.14-3にのせてあります。私はおねえちゃんと姪っ子にはさまれた場所にいます。今とはまた雰囲気が違うのですが。。たらーっ(汗)

ちなみにHPを久しぶりにみてみたら、ブログも製作していたので驚きました。。というか、なんだか嬉しくなってしまいましたるんるん
その時にやりとりした島谷さんのメールも一部紹介いたしますね。

米寿をお迎えになられました、おばあ様を、ご家族であたたかく 祝福・・・
みているだけで 心が和む・・・・
人生の歩み・・ 歩いてこられた足跡の88年という歳月も醸しだされるように・・・
そんな感じで仕上げてみました。(^^)

右上のひ孫さんを抱かれている お写真をメインに配置して
その横に、米寿のお祝いなので、感謝の気持ちをThanksと刻み
薄く88とデザインアレンジしてみました。
人生の歳月が醸しだされるように仕上げてみました。

数字は あった方が時計としても実用的ですので
背景色と馴染むカラーで、視認性も考慮して はっきりとわかりやすく大きめに配置してみました。
多分・・・実際の使用では・・・
時間をみるより 写真を眺めて いろんな事を思われるでしょうねぇ・・・
いままで沢山作ってきましたが、この「しあわせの時計」は、時間確認が必要な普通の時計と違って
別の時間を頭の中で考えて、気持ちが和らぐ みたいですから・・・(^^)


背景は、あたたかみのある 暖色系のグラデェーションで、
この画面では、わかりにくいですが、光を流すように当てています。
より やさしい感じになると思います。

米寿をお迎えになられました、88年間の人生に、感謝の気持ちをこめて
これからも ずっと いつまでもお元気でいて欲しいですよね!
そんな 家族皆様の思いを感じながら・・・
そして この時計をはじめて ご覧いただいた時の
おばあ様の お喜びの表情をイメージしながら
デザインレイアウトしてみました。

いかがですか?
お気に召されれば幸いです。

不要又は、日付変更の場合は、お知らせください。


。・゜☆…。・゜☆…。・゜☆…。・゜☆…。・゜☆…。・゜

もし良かったら、みなさんも参考にしてみてくださいねかわいい












posted by komoko at 10:12 | 東京 ☁ | Comment(27) | TrackBack(0) | ホロリ・凹

2006年04月09日

信じてあげて☆

最近まともにブログを更新していないような気がしてならないんですが、みんな色々考えていると自分もなんか考えてしまいますね。。。

今日は姉と姪っ子が遊びにきたので、久しぶりに家族全員揃っての夕食でした。^^

姪っ子にはおいたをされてしまいましたが(汗)まだまだ甘いお姉さんです。。だんだんやんちゃになってきて手がつけられなくなるんだろうなぁ^^

といっても私からみるといつでもどんなときもかわいい姪っ子&甥っ子なんですけどねー☆
甥っ子にミルクをあげてる時はちょっとお母さんになった気分になりました♪
赤ちゃんって幸せを分けてもらう感じですね。^^
癒されてしまいました。泣いてしまうとどうしていいかわかんなくなってしまうんですけどねー


ところで今日はまたまた本の紹介です。

今回は絵本です。
前にも書きましたが著者、田村みえさんの
「ずきんちゃんのつれづれ日記」です。
(学習研究社)
赤いずきんをかぶった”ずきんちゃん”とお友達の”スズキさん”のお話です。


ずきんちゃんのつれづれ日記.jpg



一部紹介
posted by komoko at 00:25 | 東京 ☀ | Comment(7) | TrackBack(0) | ホロリ・凹

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。